ブログトップ

bellesaison

raffinee.exblog.jp

7月14日の夜

パリに着いてちょうど2週間が経過した頃、バスティーユ・デー(パリ祭)の祝日を迎えた。いつものように、午前中のフランス語のクラスを終え、午後はパリ市内の観光を楽しんでから、滞在先のフランス人ご夫妻のアパルトマンに帰宅した。

今夜は、エッフェル塔の下で、ミュージシャンのジャン・ミシェル・ジャールが、コンサートを開くことになっているから、いっしょに出かけようとのご主人の言葉で、ご夫妻と私は3人で連れ立って、イソイソと、やや暮れかかってきた頃合いの、パリの街へと繰り出して行った。

b0179241_1502046.jpg


私達が到着した時には、エッフェル塔の周りには、もう夥しい数の人々が集まっていて、 タワーからかなり離れたところにしか、近づけないぐらいに、そこらへんのスペースというスペースは、人々の群で、ビッシリと埋め尽くされていたのだった。

辺りはいつの間にか暗くなり、やがて熱狂的な声援を受けて、コンサートが始まった。私の立っている場所からは、バンドの姿も動きもステージらしき形も何も見えなかったのだが、ミュージシャンたちの奏でる音楽と歌声は、街中に鳴り響くかのように体を包み、ライトアップしたエッフェル塔は、それ自体が照明のように、ピンクに緑に赤に青にと刻々と変化して、効果を盛り上げてくれた。

ライヴ・コンサートは尚も続き、いつしか気が付くと、パリの人たちも、フランスの他の町からやって来た人たちも、私のように他の諸外国から来た旅行者たちも、手を取り合い肩を抱くようにして、音楽のリズムに合わせて左右に揺れ、歌い、歓声をはり上げていた。野外で乗り合わせた、ラッシュ・アワーの、車体のない満員電車のように、押し合いへし合い… でもそれが窮屈などころか楽しくさえ思えた。

夜空には月、エッフェル塔には7色のイルミネーション、ここに集まった人々は、音楽を通して1つになった。まるで夢のような7月14日のこの夜の体験、私がパリに居合わせたことは、一体何の不思議な偶然だったのだろう。。。
[PR]
by ywirks | 2009-07-15 15:02 | 旅行
初めてのパリ行きは… >>